Kindle Unlimited

【定額読み放題】家族で利用できる!Kindle Unlimitedのメリットまとめ(Amazonプライムとの違いも解説)

更新日:

KindleUnlimitedアイキャッチ

Kindle Unlimitedキンドルアンリミテッド)利用してますか?

毎月1冊以上本を買っているという読書好きの方で、まだKindleUnlimited会員になっていない方、すごく損してます。

KindleUnlimited会員になれば、ビジネス書1冊約1500円以下の値段「月980円」で120万冊以上もの本が読み放題になります。毎月本買うより断然安いです。

KindleUnlimitedのメリット、またよく誤解されているKindleUnlimitedとAmazonプライムとの違いをまとめましたので、KindleUnlimitedに興味のある方は参考にしてみてください。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは、Amazonが提供している本の読み放題サービスです。

定額でAmazonにラインナップされているKindle Unlimited対象の本を読むことができます。

 

Kindle Unlimited会員であれば、何冊読んでも無料です。

 

毎月〇〇冊までというような制限はありません。無制限の読み放題サービスです。

Kindle UnlimitedとAmazonプライムの違いを比較

KindleUnlimitedとAmazonプライムはよく混同されるのですが、それぞれ違うサービスです。

大まかに言うと…

  • KindleUnlimitedは「本」の読み放題サービス
  • Amazonプライムは「配送料金」と「一部の動画・音楽・本などが無料」になるサービス

という違いがあります。

どちらも「本が無料」になるという点が共通しているので、よく混同されるんですよね。

 

ただ、KindleUnlimitedは本の読み放題に特化したサービスで、Amazonプライムはそうではありません。

 

ですので、KindleUnlimitedで無料で読める本の数は、Amazonプライム会員が無料で読める本の数と比較して圧倒的に多いです。

Kindle UnlimitedとAmazonプライムで読める本の数を比較

kindleUnlimitedとPrimereadingの本の数_w800

  • Kindle Unlimited:120万冊以上
  • Amazonプライム:数百冊

圧倒的にKindleUnlimitedの方がたくさんの本を読めます。

Amazonプライム会員が無料で読める本(PrimeReading対象の本)というのは、Amazonを頻繁に利用してくれるお客様への「おまけ」的なサービスです。

ですので、定額読み放題サービスのKindleUnlimitedよりも読める本の数が少ないですし、どちらかと言うと人気のない本しか読めません。

 

なので、毎月1冊以上本を買う本好きの方は、AmazonプライムよりもKindleUnlimitedを利用したほうがお得です。

 

もちろん、AmazonプライムとKindleUnlimitedの両方利用しても問題ありません。

どちらのサービスもそこまで高くありませんので。

KindleUnlimited会員が無料で読める本と、Amazonプライム会員が無料で読める本(PrimeReading対象の本)の検索方法は、以下の記事で紹介しています。

KindleUnlimited(キンドルアンリミテッド)で読み放題の本を検索する方法

Amazonプライム会員が無料で読める本「Prime Reading」の検索方法

Kindle UnlimitedとAmazonプライムの料金を比較

  • Kindle Unlimitedの料金:月額980円(税込み)
  • Amazonプライムの料金:月額500円(税込み)

Kindle Unlimited会員になれば、月額980円で120万冊以上もの本が読み放題。Amazonプライム会員であれば、月々500円で数百冊の本しか読めません。

どちらがお得かは言うまでもないですね。

もちろん、Amazonプライム会員の場合、映画やドラマが無料で見れたり、配送料が無料になったりと、本が無料で読める以外のサービスも付いてきます。

ですので、単純にKindle Unlimitedと比較はできないのですが、本好きの方であればKindleUnlimited会員になっておいて損はありません。

KindleUnlimitedの注意点

ちなみに、KindleUnlimitedは「本の定額読み放題サービス」ではありますが、「買い放題」ではありません。

ですので、KindleUnlimitedを利用する場合、普通にKindle本を購入するのと違い、以下のルールに従わなければなりません。

kindleUnlimitedの利用条件

参考:Amazon.co.jp ヘルプ

  • 本は10冊までダウンロード可
    (それ以上ダウンロードするには、すでにダウンロードした本を削除する必要がある)
  • 6つまでの異なるデバイスで利用可

要するに、マンガ喫茶と同じようなものです。読み終わったら返却する必要があるわけです。本の所有権は無いってことです。

ですので、例えばKindleUnlimited会員になって本を10冊ダウンロードし、KindleUnlimitedを解約した場合、ダウンロードした本は読めなくなります。

KindleUnlimitedに加入せず、普通にKindle本を10冊購入した場合は、その本の所有権は購入者にあります。ですので、購入した本はいつでもKindle対応デバイスで読むことができます。

この「返却が必要」「本の所有権はない」という点が、KindleUnlimitedのデメリットといえます。

ただ、本の所有権を手放すから月々980円で120万冊以上 読み放題になるわけで…これは致し方ないと思います。

 

普通にビジネス書1冊購入すれば約1500円しますからね…。

 

個人的には、月980円で120万冊以上 読み放題なら、別に本の所有権なんて無くてもいいんじゃないかなと思います。

「6つまでの異なるデバイスで利用可」のルールに関しては、特に気にする必要はないでしょう。

例えば、パソコン・スマホ・タブレット・キンドル端末の全てでKindleUnlimitedを利用しても4つです。まだ2つのデバイスで利用できる余裕があります。

ですので、一人で使うのもいいですが、家族で共用するのも1つの方法です。

KindleUnlimitedを家族で使うとコスパが良い

たとえば、ご夫婦2人でKindleUnlimitedを共用すれば、1人あたり月々490円で120万冊以上の本が読み放題になります。

1冊の本を2人でシェアする場合、どちらか一方がその本を読んでいる場合、他方は読むことができませんよね?でも、KindleUnlimitedの場合は可能です。

旦那さんがスマホでハリーポッター1巻を読んでいるとき、奥さんもスマホでハリーポッター1巻を読むことができます。これがデジタル読み放題サービスのいいところですね。

ご夫婦2人のスマホでKindleUnlimitedを利用しても、まだ4台の端末で利用することができますから、こどもさんも一緒に使ってもいいんじゃないでしょうか?

その場合、1人あたり約327円で120万冊以上 読み放題ってことになりますね。

 

こどもの教育費として月327円で120万冊以上の本を読める機会を与えられるのは、非常にコスパが良いんじゃないでしょうか?

 

ちなみに、ご夫婦2人+子供1人で使っても、まだ利用上限端末数(6台)まで余裕があります。あと3台追加できます。

もし、祖父と祖母がデジタル端末を使いこなせるなら、祖父祖母追加してもOK。それでもまだ1台分あまってますからね。

ご夫婦2人+子供1人+祖父祖母2人の合計5人でKindleUnlimitedを共有した場合、1人あたりの月々196円になります。激安…。

KindleUnlimitedのメリットデメリットまとめ

ここらで一旦、KindleUnlimitedのメリット・デメリットをまとめておきます。

KindleUnlimitedのメリット

KindleUnlimitedのメリット

月額980円で120万冊以上 読み放題!
6台の異なるデバイスで利用可能。家族共用も可
Amazonプライム会員が無料で読める本「PrimeReading」と比較して、段違いに読める本が多い

KindleUnlimitedは、月額980円で120万冊以上 読み放題という圧倒的にコスパの良い「本の読み放題サービス」です。ビジネス書1冊 約1500円より安いです。

家族で共用することもできますから、使う人数が増えるごとに1人あたりの料金はさらに安くなります。

例えば家族6人それぞれのスマホでKindle Unlimitedを共用した場合、1人あたりのコストは約163円になります。

「KindleUnlimitedを使わなくても、Amazonプライム会員のPrimeReadingで十分」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、KindleUnlimitedとPrimeReadingでは、読める本の数が圧倒的に違います。

PrimeReadingが数百冊しか読めないのに対して、KindleUnlimitedでは120万冊以上 読み放題です。

KindleUnlimitedのデメリット

KindleUnlimitedのデメリット

ダウンロードできる本の数は10冊まで
利用可能端末数は6台まで
本の所有権はない

KindleUnlimitedは本の読み放題サービスですが、本の買い放題サービスではありません。

あくまでも、Kindle本を読む権利を得られるだけです。本の所有権はありません。

また、Kindle Unlimitedはダウンロードできる本の数に上限があるので注意が必要です。一度に10冊までしかダウンロードできません。

追加で新しい本をダウンロードしたい場合は、すでにダウンロードした本を削除する必要があります。

KindleUnlimitedを利用できる端末数は6台までと決められていますが…、ほとんどの場合、この上限が問題になることはないでしょう。

利用可能端末数に関しては、そこまで気にする必要はありません。

KindleUnlimitedはこんな人におすすめ

結局、KindleUnlimitedがどんな人におすすめなのかというと…

  • 毎月1冊以上本を買う人
  • 買っていないけど、読みたい本がたくさんある人

ですね。

こういう人は、Kindle本を個別に購入するよりも、KindleUnlimited会員になる方がおすすめです。

 

「毎月1冊以上本を買う」人は、月1500円以上支払っているわけですから、月額980円のKindleUnlimitedを利用したほうがお得なのは言わずもがなです。

「買っていないけど、読みたい本がたくさんある」人は、一定期間だけKindleUnlimitedを利用するのがいいと思います。

 

例えば「ハリーポッターシリーズ全作品読み終えるまで」とかですね。(KindleUnlimited会員はハリーポッターシリーズ全作すべて無料で読めます)

読み終えたら、KindleUnlimitedを解約すればOKです。読みたい本がないのに毎月980円支払うのはもったいないですからね。読みたい本を読み終えたら解約するのがコスパ高いかと思います。

無料期間だけ試すのもあり

どうしてもKindleUnlimitedに契約するかどうか迷うという人は、無料期間だけ試してみるのもありです。

 

KindleUnlimitedは30日間無料で利用できます

 

たとえば、KindleUnlimitedに契約し、30日目に解約すれば、1ヶ月無料で120万冊以上の本を読むことができます。

この間に、本当にKindleUnlimitedに契約する必要があるかどうか決めればいいでしょう。契約する前にあれこれ悩んでも答えは出ませんからね。

もし、利用してみたものの、自分にあっていないとか、月980円の価値がないと感じれば、無理して使う必要はありません。

 

一旦無料で使ってみてから、契約するかどうか決められるというのが無料体験のいいところ。

 

迷ってる方は、ありがたく活用させてもらいましょう。

Kindle Unlimited

-Kindle Unlimited

Copyright© 電書ログ , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status