Kindle出版 Kindle出版代行

Kindle出版代行サービス比較!おすすめ3選

更新日:

kindleダイレクトパブリッシング

  • Kindle出版は面倒くさい
  • 文章は書くから、あとは全部やってほしい

こんなふうに感じている方も少なからずいらっしゃると思います。

Kindle出版はどうしてもパソコンで特殊なファイルを作ったり、アップロードしたりといった作業が必要になりますからね。

 

パソコンが苦手な方にとって、Kindle出版は慣れるまで大変かもしれません…
(慣れちゃうと、本当に簡単なんですけどね)

 

Amazonが定めるルールに沿って電子書籍を制作しないといけないので、人によっては面倒くさいと感じてしまうのもわかります。

もし面倒くさいと感じるなら、無理して独学でKindle出版する必要はありません

 

Kindle出版代行サービスを使うようにしましょう

 

Kindle出版代行サービスを使えば、文章を書くだけで、あとは代行業者がぜーんぶやってくれます。

表紙も作ってくれますし 、文章校正もしてくれますし、出版手続きもやってくれます。

 

あなたはテキストファイルを用意するだけ

 

テキストファイルをKindle出版代行業者に送信するだけでKindle出版できてしまうので超簡単です。

面倒くさい作業一切なし!

もしあなたの目的が…

 

  • Kindle出版して作家になりたい
  • Kindle出版してお金を稼ぎたい

 

ということであれば、別にKindle出版代行サービスを使っても何の問題もありませんよね?

Kindle出版を自分でやることが目的ではないんですから。要するに出版できればOKってことでしょ?

それなら、面倒なことはプロに任せてしまいましょう。

 

むしろ、プロに任せてしまった方が、素人が一生懸命作ったものより品質の良いものが出来ます

 

プロに任せるといっても、最安19800円から代行してもらえますので、Kindle出版代行サービスはそこまで高いものではありません

もし、Kindle出版の作業が面倒だなと感じているなら、ぜひ以下のKindle出版代行サービスの利用を検討してみてください。

おすすめ順にランキング形式で紹介しています。

No.1 パブフル

kindle出版代行_パブフル

パブフルのメリット

最安19800円でKindle出版代行!
Kindle&楽天kobo同時出版可能!(有料オプション)
紙の本の出版対応!(有料オプション)
文章校正対応(有料オプション)
表紙作成対応(有料オプション)

パブフルは、数あるKindle出版代行サービスの中でも老舗の一つです。

AmazonがKindleダイレクトパブリッシング(Kindle出版の仕組み)を始めた頃から活動されてます。

ですので、すでに400冊以上もの出版実績があります。

とりあえず「Kindle出版代行ならパブフルに任せておけば安心」というイメージがあるのは、この実績のためですね。

また、パブフルはKindle出版だけでなく、楽天koboの出版にも対応していますので、販売経路を増やして書籍の収入を増やしたい方には最適です。

さらに、紙の本の出版にも対応していますので、電子書籍嫌いの読者層にもリーチできるのが強みです。

有料オプションにはなりますが、表紙も文章校正もセットで請け負ってもらえます

ですので、文章だけ用意すれば簡単にKindle出版できていまします。

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

No.2 Kindle出版代行サービス

Kindle出版代行サービス_三星

Kindle出版代行サービスのメリット

最短4日で出版可能!
デザイナーによる表紙作成!
出版企画書のテンプレートが貰える!
有料セミナーで使用した電子書籍ブランディング資料つき!
Kindle出版ノウハウの詰まった特設サイトのアクセス権つき!

三星タツヤ氏による「Kindle出版代行サービス」は、4万9800円とそこそこのお値段しますが、表紙作成も文章校正も無料でやってもらえるというメリットがあります。(パブフルの場合、表紙も文章校正も有料です)

さらに、出版企画書のテンプレートや、電子書籍販売によるブランディングノウハウの資料も無料でもらえます。

実は、三星氏は、もともとKindle出版に関する有料セミナーを開催されていた方なんですよね。

ですので、有料セミナーで使っていた「企画書」や「ブランディングノウハウ」といった特別オプション(PDF53枚)をつけてもらえるわけです。

更に、Kindle出版に必要な情報、出版後にやるべきこと、最新のKindle出版情報などを閲覧できる特設サイトのアクセス権も無料で付いてきます。

「なんとなくKindle出版してみたい」という人ではなく、「本格的にKindle出版で稼ぎたい」という人には、三星氏のKindle出版代行サービスがおすすめです。

「本の売り方」が学べますので。

Kindle出版代行サービス | 世界最大のインターネット書店Amazonで最短4日で著者デビュー

No.3 電子書籍出版代行サービス

電子出版代行サービス

電子書籍出版代行サービスのメリット

最安19800円から出版可能!
10種類の表紙デザインから好きなものを選べる!
アマゾン著者ページ作成も代行!
書籍紹介用WEBページ作成!(有料オプション)
楽天kobo出版も紙の本の出版も対応!(有料オプション)

川口浩治氏による「電子書籍出版代行サービス」は、上記のパブフルと同じく、最安19800円からKindle出版の作業を代行してもらえます。

また、10種類もの表紙デザインの中から、自分の好きなものを選ぶことが出来ます。

さらに、Amazonで本を出版した人のみ、掲載することが許されているアマゾン著者ページの作成も代行してもらえます。

有料ではありますが、出版広告用のWEBページも作ってもらえますので、本格的にKindle本を売って著者として活動していきたい人にはおすすめです。

Kindle出版だけでなく、楽天koboでの出版や、紙の本での出版にも対応していますので、たくさんの読者に自分の本を売ることが出来ます。

電子書籍出版代行サービス

各Kindle出版代行サービスの比較

 
パブフル
Kindle出版代行サービス
電子書籍出版代行サービス
表紙作成

(有料)

(無料)

(無料)
文章構成

(有料)

(無料)

(無料)
紙の本の出版

(有料)

(有料)
楽天kobo出版

(有料)

(有料)
販売ノウハウ

(無料)
出版広告用WEBページ作成

(有料)
アマゾン著者ページ作成

(無料)
価格
(コスパ)
返金対応

まず、大前提として、どのKindle出版代行サービスも返金対応していますので、安心してください。

はじめてKindle出版に挑戦する初心者の方は、本当に出版できるかどうか不安かもしれませんが、出版できなければ返金してもらえますので損はありません

 

AmazonでKindle出版するだけでなく、楽天koboでの出版にも対応しているのは「パブフル」と「電子書籍出版代行サービス」だけです。

Amazonと楽天の大手2社で電子書籍販売できるということは、よりたくさんのお客さんに本が売れるということですからね。書籍販売数の増加、本の印税の増加に繋がります。

 

ただ、パブフルの場合、楽天kobo出版は有料オプションになります。また、表紙作成や文章校正も有料オプションです。

電子書籍出版代行サービスの場合も、楽天kobo出版は有料オプションですが、表紙作成や文章校正は無料です。

たとえば…

 

  • AmazonでKindle出版する
  • 表紙作成は代行してもらう
  • 楽天koboと紙の本の出版は不要

 

という条件で出版する場合、パブフルなら24800円になります。(基本料金19800円+表紙作成代5000円)

Kindle出版代行サービスの場合は、価格のバリエーションがないので、基本料金と変わらず49800円です。

電子書籍出版代行サービスの場合は、19800円になります。

 

ですので、テキストデータだけ用意してKindle出版する場合、最安価格のKindle出版代行サービスは「電子書籍出版代行サービス」ということになります。

電子書籍出版代行サービス

まとめ

もし、あなたが…

  • はじめてのKindle出版に挑戦する
  • 面倒なことは全部任せたい
  • あまりお金は使いたくない

ということであれば、「電子書籍出版代行サービス」が1番おすすめです。

本記事で紹介した3つのKindle出版代行サービスの中で最安価格の19800円で出版代行してもらえます。

電子書籍出版代行サービス

 

  • 実はKindle出版に挑戦したことがあるけど、あまり売れなかった…
  • 本を売って本格的に作家として稼いでいきたい

という場合は、「Kindle出版代行サービス」を利用するのがおすすめです。

Kindle本の販売ノウハウ、ブランディング方法などを学ぶことが出来ますので。

また、著者同士のコミュニティーに参加できるのも、作家として生きていく上でのコネクションづくりに有利といえます。

Kindle出版代行サービス | 世界最大のインターネット書店Amazonで最短4日で著者デビュー

 

パブフルもKindle出版代行サービスとして有名ですし、特に劣っているということはありません。

ただ、上記2社と比較すると、あえてパブフルを選ぶ必要はないかなと思います。

 

個人的には、初めてKindle出版に挑戦する初心者の方は、価格面でもサービス面でも、「電子書籍出版代行サービス」を利用するのが1番良いんじゃないかなと思います。

下記リンク先ページの動画にて、電子書籍出版代行サービスの内容について詳しく解説されていますので、参考にしてみてください。

電子書籍出版代行サービス

-Kindle出版, Kindle出版代行

Copyright© 電書ログ , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status