Kindle出版

Kindle本を無料で販売する方法(KDPセレクトの無料キャンペーンの使い方)

KDP無料販売_top_w800

KDPセレクト(以下KDP)の「無料キャンペーン」機能を使うと、最大で5日間あなたの出版したKindle本無料販売できます

Kindle本を無料で販売すると、Amazon上の人気ランキング(販売数ランキング)に掲載されやすくなりますので、認知度UPにつながります。認知度が高くなると、有料で販売している他の本が売れやすくなります。

また、漫画や小説など、連作の本を出版されている方は、1巻目を無料で販売することで、続きを読みたくなった読者が有料で販売している2巻目を買ってくれやすくなります

もし、Kindle出版してみたものの、本の売れ行きがいまいち良くないという方は、ぜひKDPの無料キャンペーン機能を活用してみましょう!

まだKDPの無料キャンペーンを使ったことがない方は、本記事でKDP無料キャンペーン使い方を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

KDPに登録してKindle本を無料で販売するための初期設定

KDPの無料キャンペーン機能を使うには、以下のKDPセレクトに登録する必要があります

登録方法は簡単です。

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの初期設定

まず、KDPにログインして管理画面の「本棚」にアクセスします。

本棚の画面上には、現在まで出版したKindle本一覧が表示されています。

その中から、無料で販売したい本の「…」ボタンをクリックし、「権利、ロイヤリティ、価格の編集」をクリックします。

 

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの初期設定_02

「権利、ロイヤリティ、価格の編集」をクリックすると、上画像のようにKindle本の価格に関する設定画面が表示されます。

画面上部のKDPセレクトへの登録の欄にある「KDPセレクトに登録する」にチェックを入れます。

 

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの初期設定_03

「KDPセレクトに登録する」にチェックし終えたら、画面下部にある「Kindle本を出版」のボタンをクリックします。

KDPの無料キャンペーンの使い方

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの設定方法_01

先程、無料キャンペーン機能を使うために、無料で販売するKindle本を「KDPセレクトに登録」しました。

しかし、これだけではまだ無料キャンペーン機能は有効になっていませんので、引き続き設定をしてやる必要があります。

KDPの本棚の画面を開き、KDPに登録した本の「…」ボタンをクリックし、「キャンペーンと広告」をクリックします。

 

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの設定方法_02

KDPの販売促進機能の画面が開きます。

画面左下にある「無料キャンペーン」にチェックを入れ、「無料キャンペーンの実施」をクリックします。

 

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの設定方法_03

無料キャンペーンの期間を決める画面が表示されますので、任意の期間を入力します。

無料キャンペーンは最大5日間しか設定できませんので、1〜5日間の間で入力します。

また、無料キャンペーンは最短で設定日の翌日からしか有効になりませんので、ご注意ください。

入力し終えたら、画面右下の「変更を保存」をクリックします。

 

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンの設定方法_04

正しく設定できていれば、KDPの販売促進機能の画面下部に、無料キャンペーンの実施期間が表示されます。

これで、Kindle本を無料で販売できるようになりました!

もしかすると、Kindle出版経験者の方は…

 

「KDPに登録するだけで、Kindleアンリミテッド会員に無料で販売できるようになるんだから、無料キャンペーン機能なんて使う必要ないのでは?」

 

と思われているかもしれませんが、それは間違いです。

実際に、KDPに登録しただけの場合と、KDPに登録して無料キャンペーン機能を使った場合を比較してみましょう。

KDPに登録しただけの場合 vs KDPに登録して無料キャンペーンを行った場合の違い

KDPに登録しただけの場合

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンを行っていない場合

上画像は、KDPに登録したKindle本の販売ページです。無料キャンペーン機能は使っていません。

赤枠で囲ってある部分をご覧いただければ分かる通り、Kindleアンリミテッド会員は無料で読めるようになっています。

しかし、青枠で囲ってある部分を見ていただくと分かる通り、Kindleアンリミテッド非会員の方は、お金を出さないと買えません

Kindle本を完全に無料で販売したい場合、このズレはちょっと気になるところですよね。

しかし、KDPに登録して無料キャンペーン機能を使えば、この問題は解決できます。

KDP無料キャンペーンを行った場合

KDP無料販売_KDP無料キャンペーンを行った場合

上画像は、KDPに登録して、さらに無料キャンペーン機能も使っているKindle本の販売ページです。

赤枠で囲ってある部分をご覧いただければ分かる通り、Kindleアンリミテッド会員の方も、非会員の方も、全て無料で購入できるようになっています。

めし本: 昨日よりウマい飯を喰いに行く!

 

KDPに登録して、Kindleアンリミテッド会員にだけ無料で販売するか…

それとも、無料キャンペーン機能も併用して、非会員の方にも無料で販売するか…

 

どちらの方が本が売れやすくなるかは、言わずもがなですよね。

もし、長期間(5日間以上)無料で販売し続けたい場合はどうすればいいのか?

ちなみに、KDPの無料キャンペーンの有効期限は最大5日間ですが、5日後以降に再度設定すれば、さらに5日間無料販売期間を延長できます。

ですので、そのつど再設定が必要ではありますが、常時無料で販売することもできます

無料キャンペーンを上手に活用して、Kindle本の販売数を増やしていきましょう!

Kindle出版の方法_TOP
簡単すぎる!Kindle出版の方法(Amazonで電子書籍を出版する方法)

Kindle出版とは、Amazonが提供しているセルフ出版サービス「KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)」を利用した電子出版方法のことです。 たとえば… ブログ記事を出版して収益拡大した ...

無料販売ではなく『割引販売』したい場合

もし、無料販売ではなく、割引販売したい場合は「Kindle Countdown Deals」を使うようにしましょう。

無料キャンペーンの場合、何冊売れても著者にロイヤリティ収入は支払われません。しかし、Kindle Countdown Dealsで割引販売した本が売れた場合は、著者にロイヤリティ収入が支払われます。

KDP_countdowndeals_top
Kindle Countdown Dealsの使い方

Kindle出版した本をKDPセレクトに登録すると、「無料キャンペーン」と「Kindle Countdown Deals」という2つの販売促進ツールが使えます。 無料キャンペーンの使い方ついては、前回 ...

-Kindle出版

© 2020 電書ログ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status