Kindle出版

KDP対応フォーマットの問題点(字下げ・中央揃え・改ページのエラー)

投稿日:

悲しんでいるブルドッグ

KDPにアップロードするファイルに関して、いくつか問題点が見つかったのでシェアします。

記事執筆時点で、KDPの対応フォーマットは以下のとおりです。

 

  • Microsoft Word (DOC/DOCX)
  • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
  • MOBI
  • ePub
  • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
  • プレーン テキスト (TXT)
  • Adobe PDF (PDF)

参考:サポートされている電子書籍のファイル形式 | Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

 

おそらく、Kindle出版する人はdocxファイル、HTMLファイル、epubファイルのいずれかのファイルをKDPにアップロードして出版する人が多いと思います。

それぞれのファイルでKindle出版したとき、iPhoneのKindleアプリでどのように表示されるかテストした結果、以下のようなエラーが確認できました。

docxファイルをアップロードした場合(自動的に字下げされる)

KDPフォーマット_docxファイル_w350

docxファイルでKindle出版した場合、文章の最初の文字が自動的に少し字下げされてしまいます

もともとの文章は字下げしていません。

しかし、docxファイルをKDPにアップロードしてKindle出版したあと、Amazonからkindle出版した本を購入して中身をみてみると、字下げされているのが確認できます。

この字下げエラーは、HTMLファイルをアップロードすることで解決できます。

HTMLファイルをアップロードした場合(画像が右揃えになる)

KDPフォーマット_htmlファイル_w350

HTMLファイルをKDPにアップロードしてKindle出版した場合、字下げエラーは発生しません。

しかし、中央揃えにしていたはずの画像が、自動的に右揃えになってしまいます

また、画像とテキストの間に不要なスペースも出来てしまいます

テキストだけの本を出版するなら、HTMLファイルをKDPにアップロードするのが良いと思います。元データとほぼ同じ形で出版できますので。

しかし、挿絵や写真など画像を使う場合は、HTMLファイルを使うのは避けたほうがよさそうです。

ePubファイルをアップロードした場合(自動的に字下げされる・改ページされない)

KDPフォーマット_epubファイル_w350

ePubファイルをKDPにアップロードしてKindle出版した場合、docxファイルと同じく自動的に少し字下げされていまいます。

また、改ページ設定が無視されてしまいます

どのファイルでKindle出版すべきか?

残念ながらdocxファイル・HTMLファイル・ePubファイル、どのファイルでKindle出版してもエラーが出ることがわかりました。

いつかAmazonがKDP専用のエディタを開発してくれるまでは、こういう微妙なエラーを受け入れつつ、Kindle出版していくほかないでしょうね。

「完璧は無理!」と妥協して、一番エラーの少ないdocxファイルでKindle出版するのが無難なのではないかなと思います。

テキストだけの本を出版する方は、docxファイルよりもHTMLファイルがおすすめですが、画像とテキストを使う方はdocxファイルを使っていきましょう。

-Kindle出版

Copyright© 電書ログ , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status