Kindle出版

Kindle本を縦書きで出版する方法

KDP縦書きテスト_TOP

残念ながら、誰もが無料で使えるGoogleドキュメントで、縦書きのKindle本を出版することはできません。

そもそも縦書き表示機能がGoogleドキュメントには備わっていませんので。(2022/06/17時点)

ただ、GoogleドキュメントとPagesを組み合わせると、簡単に縦書きKindleを出版できます。

PagesはMacユーザーなら無料で使えますので、Macユーザーの方は是非試してみてください。

Googleドキュメントでword形式(.docx)の原稿データを用意する

KDP縦書きテスト_01_02_w1000

まずは、GoogleドキュメントでKindle出版用の原稿を用意し、ファイル>ダウンロード>Microsoft Word(.docx)を選んで、docx形式の原稿ファイルを用意します。

ちなみに、この時点の原稿データは横書き状態ですが、問題ありません。

Pagesで原稿データを横書きに変更する

KDP縦書きテスト_02_w800

先程保存したWord形式のファイルをPagesで開きます。

その後、ウィンドウ右上の「書類」をクリックし、「縦書きテキスト」にチェックを入れます。

そうすると、原稿データが縦書きに変更されて表示されます。

この状態で、ファイル>書き出す>EPUB をクリックします。

 

KDP縦書きテスト_03_w500EPUB保存の設定ウィンドウが表示されますので、「表紙なし」と「リフロー型」にチェックを入れて、ウィンドウ右下の「次へ」をクリックします。

 

KDP縦書きテスト_04

EPUBの名前と保存場所を聞かれますので、名前と場所を決めて「書き出す」をクリックします。

以上で、縦書きのEPUB原稿データの完成です。あとはこのデータをKDPにアップロードすれば、縦書きのKindle本が出版できます。

本当に縦書き表示されるのか、Kindle Previewerで確認してみましょう。

Kindle Previewerで縦書き表示確認

KDP縦書きテスト_05_w1000

上画像の通り、縦書きで表示されています。

以上が、GoogleドキュメントとPagesを使った、縦書きのKindle本の作り方になります。

おつかれさまでした。

 

▽Kindle本の目次を作る方法は、下記の記事で解説しています。

Kindleの目次作成方法_top_w1000
Kindle本の目次の作り方

Googleドキュメントを使ってKindle本を出版する際、目次が作れないという問題がありました。 しかし、ある方法を使えば、Googleドキュメントで正常に目次が作れるようになります。 その方法につ ...

-Kindle出版

© 2022 電書ログ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status