onyx boox 電子ペーパータブレット

Boox Note Air発表!Einkタブレット業界に革命をもたらすか…?

booxnoteair_01

Booxから新しいEinkタブレット「Boox Note Air」が発表されてました。

かなりスタイリッシュなデザインです。今までのBooxデバイスとは一線を画しています。

電子書籍リーダーというカテゴリを超えて、「Einkディスプレイ搭載パソコン」的デバイスを目指しているような印象を受けます。

Boox Note Airのスペック

 Boox Note Air
本体サイズ229.4×195.4×5.8mm
ディスプレイサイズ10.3インチ
解像度1872×1404ピクセル(227dpi)
ペンBOOX Pen Stylus touch
筆圧検知4096段階
OSAndroid 10.0
CPUUpdated Octa-core
メモリ3GB LPDDR4X
HDD32GB
マイクあり
スピーカーあり
バックライトフロントライトあり
インターフェイスUSB Type-C
バッテリー3000mAh
WIFI対応(2.4gHz/5gHz)
BluetoothBluetooth 5.0 対応
重量約420g
対応ファイル画像
PNG, JPG, TIFF, BMP

音声
WAV, MP3
対応言語英語、日本語を含めた複数の言語に対応
定価479.99ドル
※2020/10/09時点

Boox Note Airのスペックは、Boox Note2のスペックとそんなに変わりません。

Boox Note Airの方がBoox Note2より新しいし、デザインも優れているので、なんとなくBoox Note2より高性能に感じてしまいますが、そんなこともないようです。

下記にBoox Note AirとBoox Note2のスペック比較表を載せておきます。

Boox Note AirとBoox Note2のスペック比較

 Boox Note AirBoox Note2
本体サイズ229.4×195.4×5.8mm250×178×7.1mm
ディスプレイサイズ10.3インチ10.3インチ
解像度1872×1404ピクセル(227dpi)1872×1404ピクセル(227dpi)
ペンBOOX Pen Stylus touchワコム製スタイラス
(電池不要)
筆圧検知4096段階4096段階
OSAndroid 10.0Android 9.0
CPUUpdated Octa-core2GHz(オクタコア)
メモリ3GB LPDDR4X4GB LPDDR3
HDD32GB64GB
マイクありあり
スピーカーありあり
バックライトフロントライトありフロントライトあり
インターフェイスUSB Type-CUSB Type-C
バッテリー3000mAh4200mAh
WIFI対応(2.4gHz/5gHz)対応(2.4gHz/5gHz)
BluetoothBluetooth 5.0 対応Bluetooth 4.1 対応
重量約420g378g
対応ファイル画像
PNG, JPG, TIFF, BMP

音声
WAV, MP3
ドキュメント
PDF, ePUB, TXT, DJVU, HTML, RTF, FB2, DOC, MOBI, CHM等

画像
PNG, JPG, TIFF, BMP

音声
WAV, MP3
対応言語英語、日本語を含めた複数の言語に対応英語、日本語を含めた複数の言語に対応
定価479.99ドル
※2020/10/09時点
519.99ドル
※2020/10/09時点

ご覧の通り、Boox Note AirとBoox Note2は、ほぼほぼ同じスペックです。

ところどころBoox Note Airの方が優れていたり、逆にBoox Note2の方が優れていたりする部分はありますが、そんなにスペックに差はありません。

Boox Note AirのCPUのクロック数は公表されてないのですが、おそらくBoox Note2のものを流用しているものと思われますので、2Ghz程度ではないかなと推測されます。

Boox Note Airの反応速度

Boox Note2は、基本的に電子書籍リーダーとして使う方が多いと思います。

電子書籍リーダーとして使う場合、比較対象となるのはKindle端末です。

もし、Boox Note2がKindle端末よりキビキビ動けば「良い端末である」と判断されやすいです。実際Boox Note2の反応速度はKindle端末より早く、キビキビと動きます。

 

しかし、Boox Note Airの公式ページを見れば分かる通り、Boox Note Airが目指しているのは電子書籍リーダーというより、iPadもしくはパソコンです。

BOOX Note Air - Thinnest E Ink Tablet with Light | The Official BOOX Site

 

であれば、比較対象はKindle端末ではなくiPadやパソコンになります。

このあたり、少し不安があります。

 

動画を見た感じ…

正直、Boox Note Airの画面の反応速度はやや遅いかなと言う感じはします。

まぁ、Kindle端末と比較するとキビキビ反応しているんですが…

上動画後半で紹介されているように、キーボードを接続してパソコン的に使うのは…まだちょっと早いのではないかなと思います。

今後のEinkディスプレイの進化に期待したいところです。

おわりに

Boox Note Airは、あまりにもデザインがかっこいいのでポチりそうになってしまいましたが、冷静に考えると私には必要ない端末です。

私は紙と鉛筆を電子化したいだけですからね。タブレット端末上でネットサーフィンしたり、テキスト打ち込んだりしたいわけじゃありません。

そういう意味では、reMarkable2の方が私には合っていると思います。

remarkable2とremarkableの性能比較_top_w800
reMarkable2発売!旧reMarkableとの性能比較

まるで紙のような描き心地の電子ペーパータブレット「reMarkable」から、満を持して次世代機「reMarkable2」が発売されました。 旧世代のreMarkable(旧reMarkable)から ...

-onyx boox, 電子ペーパータブレット

© 2020 電書ログ

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status