Kindle出版

ロイヤリティー報酬70%で出版するには「すべての地域」で出版する必要がある件

更新日:

Kindle本を出版するとき、出版地域を選択することができます。

例えば、英語の本なので、アメリカのAmazonでのみ販売したいという場合、出版地域で「アメリカ合衆国」を選択すればOKです。

ただ、ロイヤリティー報酬70%で出版する場合、特定の地域だけで販売することはできません

ロイヤリティー報酬70%で特定地域で出版するとエラーが出る

AmazonUSでの出版状態のエラー

たとえば…

  • ロイヤリティー報酬70%
  • 出版地域「アメリカ合衆国」

で出版した場合、上画像のようにエラー画面がでます。

米国のAmazon(Amazon.com)で検索しても、出版した本は表示されません。

KDPにログインすれば直接販売ページを確認することができますが、本来Kindle本の購入ボタンが表示される部分に「This title is not currently available for purchase」と表示され、購入できなくなっているのがわかります。(上画像参照)

 

Amazonは、すべての地域で出版する場合はロイヤリティー報酬70%支払ってくれるのですが、特定の地域でのみ出版する場合は、ロイヤリティー報酬70%支払ってくれません。

 

なので、ロイヤリティー報酬70%に設定して特定の地域で出版しようとするとエラー画面が表示されます。

ロイヤリティー報酬70%で出版する場合は、必ず出版地域の設定で「すべての地域」にチェックを入れて出版する必要があります

KDPで「すべての地域」で出版する方法

めし本_ロイヤリティー報酬70%の販売地域設定_01

Kindle本をすべての地域で出版する設定方法は簡単です。

KDPの「Kindle本の価格設定」のタブの「出版地域」の項目で『すべての地域』を選択すればいいだけです。

ちなみに…

  • ロイヤリティー報酬35%
  • 出版地域「アメリカ合衆国」

で出版した場合、エラー画面は表示されません。

普通に米国のAmazon(Amazon.com)だけで出版することができます。

ロイヤリティー報酬70%に設定する場合は、すべての地域で出版する必要があるということです。

出版地域の設定でミスしないためには?

出版地域は指定できますが、基本的にどんな本を売る場合でも「すべての地域」で出版したほうがいいです。

例えば、アメリカに日本語が読める人が住んでいる場合もありますし、逆に日本に英語が読める人が住んでいる場合もあります。

なので、日本語の本だから日本でだけ販売する。英語の本だからアメリカでだけ販売するというように設定しないほうが良いです。

 

出版地域を絞ってしまうことで、本来売れるはずの本が売れなくなってしまう可能性があります

 

出版地域を絞っても、別にいいことありません。

設定ミスするとエラー画面が出て、せっかく出版した本が購入できなくなる可能性がありますからね。

ですので、ロイヤリティー報酬35%にする場合も、70%にする場合も、常に「すべての地域」で出版するのをおすすめします

-Kindle出版

Copyright© 電書ログ , 2019 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status