Kindle出版

Kindle出版が対応しているファイル形式一覧

Kindle

Kindle出版するには、Kindle本にするデータ(文章や画像など)を用意する必要があります。

Kindle本のデータは、KDPが指定するフォーマットのファイル形式で用意しないといけません

実は、KDP(Kindle Direct Publishing)が始まった当初は、mobiファイルかePubファイル形式しかKDPに受け付けてもらえませんでした。

しかし、現在ではたくさんのファイル形式に対応しています。

本記事では、KDPがサポートしているファイル形式一覧と、Kindle出版におすすめのファイル形式、そして、おすすめKindle出版用エディタソフト(無料)を紹介します。

KDPがサポートしているファイル形式一覧

KDPは、記事執筆時点(2020/04/06)で以下のファイル形式に対応しています。

  • Microsoft Word (DOC/DOCX)
  • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
  • MOBI
  • ePub
  • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
  • プレーン テキスト (TXT)
  • Adobe PDF (PDF)

サポートされている電子書籍のファイル形式

どのファイル形式でKDPにアップロードしても、Kindle出版できます。

しかし、どのファイル形式を選ぶかによって、Kndle端末上での表示のされかたが異なります

例えば、RTFやHTML形式のファイルでアップロードすると、Kindle端末上では文字が小さくなってしまいます。画像の位置ずれも起こってしまいます。

Kindle出版におすすめのファイル形式

Kindle端末上で表示させたときに、できるだけエラーが起きないようにするには、「.docx」か「.epub」のどちらかのファイル形式でKDPにアップロードするのがおすすめです。

実際に試してみたところ、docxとepubのファイルは、他のファイル形式と比較して、エラーが少なかったです。

悲しんでいるブルドッグ
KDP対応フォーマットの問題点(字下げ・中央揃え・改ページのエラー)

KDPにアップロードするファイルに関して、いくつか問題点が見つかったのでシェアします。 記事執筆時点で、KDPの対応フォーマットは以下のとおりです。   Microsoft Word (DO ...

ただ、使用するエディタソフトによっては、たとえdocxファイルでKindle出版しても、epubファイルでKindle出版しても、Kindle端末で表示させたときにエラーが起きる場合があります

たとえば、Googleドキュメントでdocxファイルを作ってKindle出版した場合、字下げ設定を「なし」または「0」にしていても、微妙に字下げされてしまうというエラーがありす。また、Googleドキュメントでepubファイルを書き出してKindle出版した場合、画像がずれるエラーがあります。

ですので、どのファイル形式でKindle出版するのか?と同様に、どのエディタソフトを使うか?もKindle出版において重要になってきます。

Kindle出版におすすめのエディタソフト

私が試した中では、Pagesを使ってepubファイルを作成してKindle出版した場合、もっともエラーが少なかったです。

その次にエラーが少なかったのは、Googleドキュメントでdocxファイルを作成してKindle出版した場合になります。

PagesはMacユーザーしか使えませんから、Windowsユーザーの方はGoogleドキュメントを使うのがおすすめです。(どうしてもPagesが使いたい方は、記事末のオンライン版Pagesを試してみてください)

ただ、Googleドキュメントでdocxファイルを作ってKindle出版すると、字下げ設定を無効にできません。字下げ設定を無効にしても、微妙に字下げされてしまいます。

ですので、Googleドキュメント→docxファイル→Kindle出版する場合は、この字下げエラーを受け入れる必要があります。

ちなみに、docxファイルの字下げエラー問題は、Pagesでdocxファイルを作った場合でも、Googleドキュメントでdocxファイルを作った場合でも、オンライン版のWordでdocxファイルを作った場合でも、同じように起こります。

Pagesでepubファイルを作成してKindle出版した場合は、字下げの設定が正常に機能します。完全に字下げをオフにすることもできますし、1文字字下げさせることもできます。また、画像挿入、改ページも正常に機能します。目次を作成することも可能です。

ですので、Kindle出版用のファイルは、Pagesを使ってepubファイルで作成するのがおすすめです。

どうしてもPagesを使いたいWindowsユーザーの方は、オンライン版Pagesがおすすめ

繰り返しになりますが、PagesはMac専用ソフトなので、Windowsユーザーの方は使えません。

ただ、Pagesには無料のオンライン版があります。(あんまりメジャーではないですけどね)

オンライン版のPagesは、Apple IDのアカウント作成すれば、MacユーザーでもWindowsユーザーでも無料で使えます。

Apple ID

ちなみに、オンライン版のPagesには、目次作成機能がありませんが、特に問題ありません。

epubファイルでKindle出版すると、Kindle端末やKindleアプリで表示させたときに自動的に目次が作成されますので。

※追記

今回の記事を作成するに当たり、初めてオンライン版のPagesを使ってみました。

オフライン版よりも洗礼されたシンプルなエディタで、むしろオフライン版Pagesより、オンライン版Pagesのほうが使いやすいんじゃないか?と思うほどでした。

オフライン版のPagesを持ってない方は、ぜひ使ってみてください。Wordより使いやすいと思います。

-Kindle出版

Copyright© 電書ログ , 2020 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status