kindle出版

KDPセレクトのメリット「Kindle Countdown Deals」と「無料キャンペーン」について

更新日:

抱きしめ合う男女

KDPセレクト」というプログラムに登録すると、kindleのロイヤリティ収入が70%になるうえに、特別な販売促進システムが使えるというメリットがあります。

 

具体的には…

  • Kindle Countdown Deals(価格割引システム)
  • 無料キャンペーン(無料販売システム)

という2つの販促システムが使えるようになります。

それぞれ詳しく解説します。

Kindle Countdown Deals について

Kindle Countdown Deals

Kindle Countdown Dealsは、KDPセレクトの特典の1つで、出版者の居住国に関係なく、Amazon.comおよびAmazon.co.ukで販売される本に対して実施できる期間限定の割引キャンペーンです。

本の詳細ページには通常価格とキャンペーン価格が並べて表示され、キャンペーン価格が適用される残り時間を示すカウントダウン時計が表示されます。

キャンペーン中も、本が売れるごとに、選択しているロイヤリティレートに基づいてロイヤリティが支払われます。

引用:Kindle Countdown Deals | Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

Kindle Countdown Dealsを利用すると、kindle本の価格に対して期間限定で割引価格を設定することが出来ます。

たとえば、1000円で売っている本を、1週間だけ50%割引の500円で売るというような使い方ができます。

「Countdown Deals」のサービス名の通り、初めの1週間は50%オフで販売し、2週間目は25%オフで販売するというように、販売価格を徐々に引き上げながら売ることも出来ます。

無料キャンペーンについて

本の無料キャンペーン

電子書籍をKDPセレクトに登録すると、90日間のKDPセレクト登録期間ごとに最長で5日間、その電子書籍を無料で提供する"本の無料キャンペーン"を実施できます。

本の無料キャンペーン中は電子書籍が無料で提供されるので、キャンペーンの実施中はロイヤリティを受け取ることができません。

引用:本の無料キャンペーン | Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

無料キャンペーンを利用すると、「最長5日間」本を無料で販売できます。

一気に無料で販売し、Amazonのレビュー数を増やすといった施策に良さそうなシステムです。

残念ながら、無料キャンペーンで売れた本の販売収益は受け取ることは出来ません。ただ、読者を増やすのには役立ちますので、広告費と捉えましょう。

まとめ

Kindle本をKDPセレクトに登録してしまうと、1冊250〜1250円でしか販売できないというデメリットがあります。

しかし、「Kindle Countdown Deals」という割引システムと「無料キャンペーン」という無料販売システムが使えるようになります。

これは、KDPセレクトのデメリットを補って余りあるメリットだと思います。

たとえば1冊100円でも売れなかった場合、KDPセレクトに登録して思い切って無料で販売してみるというのも一つの手です。

 

Kindleを出版する方法TOPページへ

-kindle出版

Copyright© 電書ログ , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status