kindle出版

Kindle出版に必要な最低限の文字数は?

更新日:

l o v e {Explored}

kindle出版するのに必要な文字数は特に決まっていません。

極論すると3ページ100文字というような、Twitterのつぶやきよりも少ない文字数でもKindle本を作ることも可能です。

まぁ…、そういったあまりにも無茶な本を売ろうとした場合、Amazonから却下される可能性はあります。Amazonはきちんとkindle本の内容を確認していますので。

 

しかし、そういった詐欺まがいの本でもない限り、特に文字数制限はありません。1000文字でも10000文字でも大丈夫です。好きな文字数で作ってください。

 

ただ、「好きな文字数」といわれても書きづらいと思いますので『10000文字で1冊出版する』というように基準を決めておくと作りやすいかと思います。

Kindle本1冊に必要な文字数は、Kindle本をいくらで販売するかによって大きく左右されます。

1冊100円で売るのに10万文字では労力をかけすぎでしょう。それはただの安売りです。長続きしません

かと言って1冊100円で売るのに1000文字程度ではもの足りないかもしれません。

1つの基準として、商業作品として販売されている文庫本の文字数と価格を参考にすると良いと思います。

文庫本1冊の文字数と価格

文庫本は1冊 約300ページです。1ページあたりの文字数は約600文字です。

ですので、文庫本1冊作るのに約18万文字必要ということですね。

文庫本1冊の価格はピンきりですが、新刊で高くても約800円程度です。

kindle本1冊100円で売る場合に必要な文字数

上記の文庫本の文字数と価格から、kindle本を1冊100円で売る場合に必要な文字数を計算してみると…

【文庫本1文字あたりの価格】
800 ÷ 18万文字 = 1文字あたり約0.004円

【100円あたりの文字数】
100円 ÷ 0.004 = 25000文字

実際に販売されている文庫本の文字数と価格を基準にすると、kindle本を1冊100円で売る場合、約2万5000文字が妥当ということになります。

 

  • kindle本を1冊100円で売る場合、必要な文字数は約2万5000文字

例えば写真集やポエムなどをKindle出版する場合、この文字数は参考になりません。あくまでテキストのみで作った本の場合です。あなたの本の売り方によって適時調整してみてください。

 

この基準は、kindle作家として本を出版していく上で1つの目安になるかと思います。

例えAmazonで「高すぎる」なんてレビューがついたとしても、一般の商業作品の値段を基準に出版していますといえばいいわけです。

むしろ、編集も構成も出版手続きすら全て一人でやってる自費出版なのですから、商業作品と同じ価格で出版するのは「低い」とも言えます

まとめ

  • 文庫本の1文字あたりの価格は約0.004円
  • kindle1冊100円で売る場合、2万5000文字が妥当
    (100÷0.004=約25000)

 

▽KDPにmobiファイルをアップロードしてKindle出版する手順は、以下の記事で紹介しています。

 

▽Kindle出版するために必要なKDPアカウントの取得方法については、以下の記事で紹介しています。

 

Kindleを出版する方法TOPページへ

-kindle出版

Copyright© 電書ログ , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status